陸上ホッケー部(女子)

陸上ホッケー部は昭和52年に創部され現在まで活動を続けています。
陸上ホッケーというスポーツは、先端の曲がったスティックで硬いボールをコントロールし、ボールを相手ゴールへと入れるスポーツです。ルールは1チーム11人で行い、試合時間は、各15分の4クオーター制 (計60分) で実施されます。1Q と 3Q の後は2分、2Q 終了後は10分のハーフタイムが設けられます。

現在、部員23名で活動しており、チームの最終目標を『インカレベスト4』とし、互いに切磋琢磨しながら日々の練習に取り組んでおります。
個人スキルの向上とともに、人間性を大切にしたチーム力の向上に努めており、人としても成長できるチームです。また、学年問わず仲の良いチームです!
マネージャー・トレーナーを募集しておりますので、興味のある方は是非見学にお越し下さい!

プロフィール

部長 家田 重晴  スポーツ科学部教授 
監督 錦織 拓
コーチ 廣瀬 心

主将   遠藤   織江      (名古屋市立向陽)
主務   長谷川  和       (島根県立横田)
     

創部 1977年(昭和52年)
所属団体 体育会・球技系
部員数 男性: 0名  女性: 23名
部室 豊田キャンパス クラブルームB
練習場所 豊田キャンパス 多目的グラウンド
指定寮 なし
諸経費 入部金: 0円  部費(年間): 100000円