水墨画作者経歴 服部茂治氏  1963年(体育学部卒)岐阜県可児市在住。 県立高校体育教師退職後、本格的に水墨画の指導者として活躍中。 初代部長斎先生に師事し墨絵のスポーツ画を学ぶ。 十種競技とやり投げの選手

最新情報&更新情報

2014.11.27 学生役員更新 2014.11.25 競技会注意事項更新 2014.11.25 第8回中京大学土曜競技会要項・申込み更新 2014.11.25 第7回中京大学土曜競技会タイムテーブル・スタートリスト更新 2014.11.04 ALBUM更新 2014.11.04 第7回中京大学土曜競技会要項・申込み更新 2014.10.23 第6回中京大学土曜競技会リザルト更新 2014.10.23 第6回中京大学土曜競技会更新 2014.10.23 OB情報更新 2014.10.21 第6回中京大学土曜競技会タイムテーブル更新 2014.09.29 第6回中京大学土曜競技会要項・申込み更新 2014.09.16 第5回中京大学土曜競技会リザルト更新 2014.09.08 第5回中京大学土曜競技会タイムテーブル更新 2014.08.29 第4回中京大学土曜競技会男子100m予選第11組訂正リザルト更新 2014.08.18 第5回中京大学土曜競技会要項・申込書更新 2014.08.04 ALBUM更新 2014.08.04 第4回中京大学土曜競技会リザルト更新 2014.07.29 第4回中京大学土曜競技会タイムテーブル・注意事項更新 2014.07.07 第4回中京大学土曜競技会要項・申込書更新 2014.06.30 ALBUM更新 2014.06.24 コーチ紹介更新 2014.06.16 第3回中京大学土曜競技会リザルト更新 2014.06.10 第3回中京大学土曜競技会タイムテーブル更新 2014.06.02 第2回中京大学土曜競技会リザルト更新 2014.05.29 第2回中京大学土曜競技会タイムテーブル更新 跳躍競技の一部時間変更 2014.05.15 第3回中京大学土曜競技会要項・申込書更新 2014.04.30 第2回中京大学土曜競技会要項・申込書更新 2014.04.24 OB情報慶弔情報更新 2014.04.21 OB情報更新 2014.04.21 第1回中京大学土曜競技会リザルト更新 2014.04.15 第1回中京大学土曜競技会タイムテーブル更新 2014.04.07 第27回梅村学園陸上競技大会リザルト更新 2014.03.31 第27回梅村学園陸上競技大会タイムテーブル更新 2014.03.25 父母会・連絡事項更新 2014.03.24 第1回中京大学土曜競技会要項・申込書更新 2014.03.11 OB情報更新 2014.03.11 第27回梅村学園陸上競技大会申込更新 2014.03.10 第27回梅村学園陸上競技大会要項更新

第7回中京大学土曜競技会スクールバス時刻表

第7回中京大学土曜競技会(11月30日(日)スクールバス時刻表です。ご利用ください。



善戦!第83回日本学生陸上競技対校選手権大会 女子総合2位 男子総合4位!!

2014年09月5日、6日、7日埼玉県熊谷スポーツ文化講演陸上競技場で第83回日本学生陸上競技対校選手権大会が行われました。女子円盤投げで中田恵莉子選手(スポーツ科4、 生光学園)が49m10で見事に優勝、男子棒高跳びで榎将太選手が5m20で2位となるなど各競技で選手が奮闘。総合得点争いで女子は2位、男子は4位。選手の皆さんお疲れ様でした。

リザルト日本学生陸上競技連合HPへ

リザルト中京大スポーツHPへ

女子円盤投決勝 優勝 中田恵莉子選手インタービュー(Twitterの中のリンククリック。最初広告から始まります。Ustream)
日本学生陸上競技連合Twitterへ

競技会における注意とお願いにつきまして

参加団体 各位
中京大学教員より、梅村競技会・土曜競技会においての9号館(競技場西門出てすぐの食堂の隣の建物)の無断利用について苦情がくる状況が続いております。選手更衣室として、
811・812教室を開放しておりますので、そちらを利用するようにして下さい。
また、競技場西の駐車場は
教職員専用になっており、一般の方の利用は禁止となっています。駐車場につきましては、競技場東の学生駐車場を利用するようにして下さい。
円滑な競技運営のためご協力お願い致します。
                         
中京大学陸上競技部 部長  本田 陽

祝!!西日本インカレ 男女総合優勝

秩父宮賜杯第67回西日本学生陸上競技対校選手権大会が、7月4日5日6日の3日間、「博多の森陸上競技場」で開催された。 初日からの悪天候にも負けず、男子は短距離、跳躍、投擲の活躍もあり2位関西学院大学に6点差を。女子は荘司、竹内を海外遠征で欠いたが。中田主将を中心に2位の地元、福岡大学に0.5点という僅差で振り切っての優勝であった。
見事!男女総合優勝を成し、結果を残し、活躍した選手達には、本年9月に熊谷において開催される日本ICでも大いに活躍・期待したい。 是非!悲願である日本IC「総合優勝」目指して頑張ってほしいものである。

西日本インカレ男女総合優勝 男子円盤投げ表彰台独占 中京大学スポーツHPへ

秩父宮賜杯 第46回全日本大学駅伝対校選手権大会 東海地区選考会

秩父宮賜杯 第46回全日本大学駅伝対校選手権大会 東海地区選考会が、6月28日(土)名古屋市 瑞穂公園 陸上競技場で行われました。4時間13分31秒76で見事1位となり本戦の出場推薦対象校となりました。
3組終了時点の1分29秒差を見事ひっくり返した中京魂!
3組終了時点では、みんな嫌な予感が頭を過った!蒸し暑さと「追いつけるのか?」の異様な雰囲気。 しかし、4組スタート前監督のアドバイスで、選手の顔つきが変り強い意志と自信が感じられた。応援団は「神頼み的」雰囲気であったと思う。最後は経験の差を感じた戦いであった。
1組
 1着 鈴木 紀公   31分31秒50
 5着 林  佑樹   31分39秒95
2組
 2着 石川 数馬   31分41秒67
 3着 浜吉 涼介   31分51秒17
    3組
 6着 西田 隼大   31分59秒30
10着 今川 大輔    32分55秒68
4組
 2着 高柳 佳怜   30分54秒57
 5着 山口 泰輝   31分00秒86
総合結果
1着 4時間13分31秒76
以上の結果で無事に選考会を突破することができました。 関係者の応援ありがとうございました、全国大会の支援・応援共によろしくお願いします。
リザルト(東海学連HPへ)

第32回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 東海地区選考会リザルト

2014年6月15日(日)第32回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 東海地区選考会が、瑞穂公園北陸上競技場で行われました。総合1位となり、第32回全日本大学女子駅伝対抗選手権大会の東海地区代表として推薦が決まりました。応援ありがとうございました。
全日本大学女子駅伝の東海地区代表に名乗り(中京大学スポーツHPへ)
リザルト(東海学連HPへ)

新入生入部ガイダンス

4月3日(木)17時30分より
中京大学豊田キャンパスの822教室で新入生入部ガイダンスを行います。

2014年度 新主将挨拶

北島寛也男子主将

男子主将 北島寛也
 伝統ある中京大陸上競技部の主将ということでプレッシャーを感じていますが、それと同時にとても誇りに思います。 まだまだ自分自身に甘い部分が多々ありますが、まずは自分自身の競技力向上に努め、主将をしていくことで自身の成長へとつなげていきたいです。 チーム目標は全日本インカレ総合優勝。部員1人1人がその思いを強く持つことで実現できると思っています。私自身もインカレにかける思いを強く持ち、この目標達成の原動力になれるようやれることをしっかりしたいです。 何かを変えられる程のリーダーシップやずば抜けた競技力があるわけではありませんが、だからこそやれる自分なりの主将スタイルを持ち、常に高い目標への思いを忠実に、そしてその姿勢が部全体に伝わるよう頑張りたいです。 この一年間陸上競技部一丸となって日本一に向かって突き進んでいきます。どうぞよろしくお願いします。

中田恵莉子女子主将

女子主将 中田恵莉子
 この度女子主将に選んで頂きました、投擲ブロックの中田恵莉子です。中京大学陸上競技部は、コーチを始め、OGOBの方々、父母会の方々等多くの方の協力のお陰で競技ができています。競技ができることに感謝し、結果を残すことが支えてくださっている方々への恩返しだと思います。だから、1人でも多くの選手が全国、世界大会へ行き、結果を残せる選手になれるよう努力しなければなりません。そのために、より良い練習環境を考えたり、チーム全体の意識の向上に努めたいと思っています。チーム全体の状況を把握し、ブロック間の垣根を越えた良いチームを作っていきたいです。部員約300人全員に何かできることは難しいかもしれませんが、1人でも多く選手のために自分ができることをしていこうと思います。そして、今まで先輩方が築き上げてきたものをさらに発展できるようなチームにしたいです。宜しくお願いします。

中京大学陸上競技部からのご挨拶

 1954年(昭和29年)、中京短期大学開設と同時に陸上競技部は創立されました。以来多くの皆様のご指導ご鞭撻をいただき 発展を遂げてまいりました。
 中京大学の建学の精神「学術とスポーツの真剣味の殿堂たれ」の旗手として、部員はチーム一丸となって邁進しています。 現在、純真にして熱血に燃える200名を超える部員は、学生陸上競技界の頂点を目指して挑戦が継続されています。
 またコーチ陣は、スポーツの国際化の波に遅れることなく、世界大会で活躍できる選手の育成を大目標とする毎日です。
  今後とも我らが陸上競技部の応援をお願いします。


FX